全国 硝子 業 健康 保険 組合。 参加企業一覧|健康保険組合連合会 東京連合会ホームページ

同じ社保だけど、中身がちょっと違う「協会けんぽ」と「組合健保」

介護保険は全国の市区町村が運営する制度ですが、医療保険に加入する40歳以上65歳未満の被保険者および被扶養者(ともに介護保険の第2号被保険者)の保険料は、各医療保険者が徴収する義務を負っており、当組合で40歳以上65歳未満の被保険者から徴収します。 =その分手取りが減る。 一般保険料(基本保険料+特定保険料) 一般保険料は、主に健康保険の給付を行う財源となる保険料ですが、高齢者の医療を支援する費用をまかなうための財源にもなっています。 「中小企業はだいたい5%の保険料負担」 この基準を覚えておくと、これからご紹介するランキングが見やすくなるでしょう。

もっと

全国硝子業健康保険組合

今回の調査で最も個人負担の料率が低かった企業は、 日本郵船! その料率なんと 1. 5 %と激安です。 (例:関東ITソフトウェア) このように独自で設立した健康保険組合を「 組合健保」と呼びます。

もっと

当組合の保険料

日本郵船のサイトを見たときは、あまりの低さに間違いなのではないかと疑いました。 つまり、協会けんぽでは、自己負担額は30万円になります。 自分が加入している健保組合のホームページで、保険料率や付加給付の事例を確認してみましょう。 保険料率を知るためには、ログインを求められてしまい、加入者しか保険料率を公表していないようです。 そう考えると、とても不公平感のある制度に思えてしまいます。

もっと

当組合の保険料

介護保険料は除く。 コラム 保険料は何のために使われますか? 保険給付のために 健康保険組合の目的である医療の給付や給付金の支給など、保険給付に使われます。 中小企業に多い「協会けんぽ」、大企業に多い「組合健保」 「協会けんぽ」は、全国健康保険協会という団体が運営しています。 組合健保では、保険料率を独自に決めることができます。 このたびの被害を受けられた皆様方に、次のことをお知らせ致します。 組合健保は「付加給付」が最大のメリット 「組合健保」のもう1つのメリットは、「付加給付」です。

もっと