ダグラス フェアバンクス。 船乗りシンバッドの冒険 : 作品情報

全35作品。ダグラス・フェアバンクス・Jrが出演した映画ランキング

上山草人はそんなつもりでじゃなかった。 映画の中でチャーリー(ロバート・ダウニー・ジュニア)がフェアバンクス家でのパーティを訪ねると、折しも彼によるアトラクションが開催されている。 『ドーグラスの蛮勇』 Wild and Woolly(1917年)• 外部リンク [ ]• 目的地デリアバーについたシンバッドは、同地の聖者の感化で財宝よりもシューリンの愛の方がずっと貴重なものであることを悟った。 二人は結婚して世界中まわって、日本にも来たんですね。 翌公開のグリフィス監督の名作『』には「古代バビロン篇」に端役で出演した。 『暗雲晴れて』 When the Clouds Roll by(1919年)脚本・製作も• 森の中での冒険やドラゴンとの死闘、そして身を隠す衣が重要な小道具として機能する点は、ドイツ映画の傑作「ニーベルンゲン」(1924年独)の第1部「ジークフリート」と共通していることが注目される。 これこそが、スピルバーグのアクション映画の原点を探る上での重要なヒントになるだろう。

もっと

船乗りシンバッドの冒険 : 作品情報

同年公開の『快男子』(原題: The Lamb、監督:クリスティ・キャバンヌ、脚本:)で映画デビュー。 その後若手スターとして注目された。 僕は残念ながらフェアバンクス版の「ロビン・フッド」は観ていないのだが、フリンの演じるキャラクターは、フェアバンクスが演じたキャラクターに近いところがある。 フェアバンクス映画のもう一つの魅力は時代劇ならではの絢爛豪華なコスチューム・プレイにある。 この娘に、こんな貧しいものを食べさせちゃだめだよ…と、また出すんですね。 それが、1920年代も半ばになると、例えば阪東妻三郎(1901~53)主演の「雄呂血」(1925年阪東妻三郎プロダクション)に見られるよりリアルな剣戟へと変化を遂げている。 で、これは男が女をいじめる映画なんです。

もっと

ダグラス・フェアバンクスとは

『』 The Iron Mask(1929年)• この作品はアカデミー特別賞を受賞した名作ではあるが、往年のスターの出演に気づいたアメリカ人が果たしていたのだろうかと考えると、何だか哀しく感じてくる。 作品は大ヒットを記録した。 ジョン・バリモア・ジュニア( 後のジョン・ドリュー・バリモア/1932~2004)、チャールズ・チャップリン・ジュニア(1925~1968)などがそれに当たるが、さすがに父親と肩を並べるほどの活躍をした人は少ない。 最近の映画では主人公だからと言って必ずしも不死身ではなくなったが、彼の場合はそんな心配はまったく不要。 エキゾチックな街並みと衣装、恋と魔法と冒険という娯楽の極みです。 襲いくる恐竜や巨大コウモリも巨大ミジンコ(?)も一発でやっつけちゃうんです。

もっと

ダグラス・フェアバンクス

- (英語). あのスタイルで全部見事なセットなんですね。 「じゃじゃ馬ならし」(1929年米)、「ロビンソン・クルーソー」(1932年米)などでフェアバンクスはトーキーに挑戦している。 パール・ホワイトが演じているのは名家の令嬢ポーリン。 次から次にヒーローにはピンチが訪れ、間一髪の所でそれを交わすとまた新たなピンチが彼を待っている。 ところがそれを聞いて、この取り替えられた剣劇スターが上山草人を殺すと追っかけまわしたこともあるんですね。 こうしてケーナに狙われたポーリンは、気球に乗せられて空へ飛び上がり、インディアンの大群に追われ、船に爆弾を仕掛けられ、地下牢に水を流されるのである…。 この頬骨が立った、なんともしれないオリエンタルな顔してるのでえらい有名になったんですよ。

もっと

じゃじゃ馬馴らし

ところが、その人が酔っ払いで出て来なくて上山草人が変わりに出ることになって、上山草人はこの役でいっぺんに有名になりました。 『ドーグラスの苦心』 His Picture in the Papers(1916年)• 『じゃじゃ馬馴らし』のお話しましょうね。 ちょうどダウンタウンに町周りの剣劇屋一座が来てたんですね。

もっと

バグダッドの盗賊

助演者は「間諜」「シュヴァリエの放浪児」のオースティン・トレヴァー、ダイアナ・ナピア、ハロルド・ウォレンダー、キャロル・グットナー、「レッド・ワゴン」のポール・グレーツ等である。 マストをナイフで切り裂きながら降りるシーンというのも「ダグラスの海賊」にはある。 続いて「ジゴマ」(1911年仏)、「ファントマ」(1913年仏)などと言ったシリーズが製作され、その後アメリカに渡ってヒロインを主人公に代えて「何がメリーに起こったか」(1911年米)や「ヘレンの冒険」(1912年米)、「カスリーンの冒険」(1913年米)などが製作された。 婿候補としてペルシア、インド、モンゴルの王子が王宮へやってくる。 『ニッカーボッカー』 The Knickerbocker Buckaroo(1919年)• 明るさや快活さをにサイレント・スクリーンをあばれまくった活劇スターNo. ただし、スロースが後のほうで真似をするマストをナイフで切り裂きながら降りてくるシーンは、「海賊ブラッド」には出てこない。 『月世界征服』 Reaching for the Moon(1930年)製作も• 略歴 [ ] 父は、俳優で社設立メンバーの一人でもある。 言ってみれば今のテレビの連続ドラマの元祖みたいなものである。

もっと

ダグラス・フェアバンクス・ジュニア

『』 (1932年)脚本も• コロラド州デンバー生まれ。 『ドーグラスの月の世界』 Reaching for the Moon(1917年)• 題材が題材だけに特殊効果があちこちに見られます。 まるで彼の映画を思わせるような1場面であるが、監督のリチャード・アッテンボロー(1923~)が幼少時代に熱中した大スターへオマージュを捧げる意味があったのかどうかは知るよしもない。 しかし、冒険活劇を期待しているので、そんなにあっさりモンスターが倒れてしまうと拍子抜けしてしまいます。 『跳ねる魚の謎』 The Mystery of the Leaping Fish(1916年)• 黒沢明(1910~98)の名作「七人の侍」(1954年東宝)では、冒頭の木賃宿の場面に盲目の琵琶法師役で出演している。

もっと

ダグラス・フェアバンクス

結局僕らにとって問題なのはそこにフェアバンクスがいるかどうかであって、彼が何を演じているかではない。 1927年にはアカデミー協会(映画芸術科学アカデミー)の初代会長にも就任している。 若手のスターとして活躍していたが、監督の『國民の創生』 (1915年)に感銘し、映画界へ。 これまでにも「ロマンシング・ストーン/秘宝の谷」(1984年米)や、「キングソロモンの秘宝」(1985年米)など「レイダース」の亜流と思えるような作品はたくさんあったが、ここまで意識的に似せている作品はそうは無かったように思われる。 『出たり這入ったり』 In Again,Out Again(1917年)• その点ではインディ・ジョーンズやリック・オコンネル(「ハムナプトラ」)と同じなのだ。

もっと