Line 郵便 局 から 通知。 LINEで郵便局

元郵便局員が教える!メールやLINEを活用した「e受取アシスト」について

本当に日本郵便が送ったものだという。 SMSに届いた暗証番号を入力します。 公共交通機関の運行状況 様々な業種で利用されているサービスです。

もっと

LINEで郵便局

受け取りたくない場合は、アカウントをブロックしたり、通知メッセージをオフにしたりすることで受信しなくなります。 発送元とLINEの登録データのマッチング率が95%以上を記録し、予想を上回る水準で通知メッセージを配信できた• これは絶対怪しいと思い、とりあえず放置していると、程なくしてインターホンの音が。 com 至急、住所確認をした上で、お届け時間をご返信ください。

もっと

突然届いた謎のLINEメッセージ 「詐欺?」と思いきや…実は本物、日本郵便からでした

それが2018年から始まったLINEの企業向けサービス「」というサービスです。 郵便局 [e お届け通知 ]は、LINEアカウントを友だち登録するだけで完了です。

もっと

eお届け通知(LINEでお知らせ)

なので、局員さんにも共有したほうがいいかなと思い、SMSの不在通知と詐欺サイトを見せると、こんな返答をいただきました。 郵便局の正規サイトのURLは 「 japanpost. アポ電詐欺とは 「アポ」は「アポイントメント」の略》振り込め詐欺の一。 メッセージが通知されるゆうパックの種類 LINEでメッセージが通知される郵便物の種類があります。 0以降の場合は、 [ホーム]> [設定]をタップ 2 [通知]をタップ 3 画面上部の [通知]をオン 4 [通知表示]内の [画面オン時のポップアップ表示]、 [画面オフ時のポップアップ表示]をそれぞれタップしてオン/オフ 【B】LINEバージョン8. 事前に荷物が到着することをメッセージで伝え、受け取り日時の変更をLINEトーク画面から遷移した郵便局ウェブサイトで手続きが行える便利なサービスです。 身に覚えがあったら、問い合わせてしまうよね…。 また、これからはゆうびんID(日本郵便の会員認証システム。 「ゆうびんID」の取得は、以下の郵便局のサイトから行えます。

もっと

再配達問題を解決!友だち以外も受け取れる「LINE通知メッセージ」活用|LINE for Business

また、今回は本物でしたが、なりすましなどの可能性も考えられますので 送信元やメッセージ内容をよく確認することをおすすめします。 ショートメールブロック法 ショートメールをブロックする方法は簡単です。 Androidの場合は、サイト上のリンクをクリックすると、悪意のあるAndroidアプリファイル(APKファイル)がダウンロードされます。 郵便局 [e お届け通知 ]は、LINEアカウントを友だち登録するだけで完了です。 お届け荷物を預かっていると偽り、不審なWebサイトへ誘導するメールが送付されています。

もっと

【LINE】郵便局eお届け通知が届く。友達登録してないのに本物?詐欺?ナニコレ意味わかんない!?

JAPANPOSTってとこから、12月7日お届け住所について…というメールが来た。 「eお届け通知」は、日本郵便が2019年3月に開始したサービスで、問い合わせ番号や配達予定日時を日本郵便のLINEアカウント「郵便局[eお届け通知]」から受取人に事前に知らせる仕組みだ。 。 その点、LINEはLINE公式アカウントにアカウントバッジが付いているため、すぐに日本郵便からの通知だとわかります。 ニュースだと大都会に集中していますが、新潟市もいつ何時、あらわれるか分かりません。 郵便局を装ったSMSの不在者通知【フィッシング詐欺】が巧妙さを増している可能性を感じる点 まず、私が不在者通知に気づき、再配達の依頼をしたのがその日の前日。

もっと

郵便局ライン e お届け通知 詐欺

筆者が確認した1つのリンクに関しては、auを騙る詐欺ページにリダイレクト。 配達状況通知(不在通知など)• もちろん、現在荷物がどこにあるのか追跡もできます。 電話番号認証が必要• 最後に いかがだったでしょう。 ただし、荷物の宛名ラベルが手書きの場合はメッセージを配信しない。 アカウントをブロックする 友だち追加をしていない企業アカウントからのメッセージを受け取りたくない場合は、 「ブロック」を利用しましょう。 (まいどなニュース/京都新聞・天草 愛理) 外部サイト. また、これからの可能性として、郵便局のドメインを少しだけ変更したドメイン、例えば 「japonpost. 「LINE通知メッセージの導入にあたっては、実は当初SMS(ショートメッセージサービス)も候補にありました。 当然、そんな簡単に信用できないので一応調べると… 郵便局がLINEと連携通知サービスとして2019年3月から始めておりました。

もっと