コー ジェネレーション システム と は。 コジェネレーション

コージェネの基本形態|一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター

ガス料金の節約 定期的に天然ガスを使用することができる設備(コージェネレーションを含む)を導入した場合、ガス会社から比較的安価な契約コースを提供してもらえるケースがあります。

もっと

コージェネレーションとはどのようなものなの?

段階的に熱を利用したい場合、多数の熱交換器が設置されることになり、イニシャルコストの増大につながる。 発電効率自体は30数%程度ですが、排熱の利用による総合効率は80%位には達するようです。 オススメポイント• そして、電力不足をあえて歓迎しているとも思えるのです。 そこで、燃料電池型の、発電と余熱でお湯を沸かすタイプの ものを導入した場合、コスト面でのメリットはありそうでしょうか? 日中も家に2人いる7人家族ですが、漠然とした内容でかまいませんので、 近い将来で導入した場合の、メリットは「あり」か「なし」かどう思われますか? 僕が思うのには、今は普及はしていないので高いと思います。 導入条件 [ ] 建物内部で必要となる熱量を電力量で割った値を熱電比という。

もっと

地域冷暖房とは

・工場排熱• 非常時に自立電源として利用する場合、電力会社への逆送電を避けるため、通常時はピークカット用として使用している発電機であっても、停電時には一旦発電機を停止し、電力会社との連系を解除した状態から、施設内に電力を供給する。 燃料電池システム [ ] 水素と空気中の酸素から電気をつくりだし、副次的に発生する熱を蒸気や温水として回収する。 しかしあまり一般的ではありません。 コ・ジェネレーションの「コ」は、協同とか共に、といった意味、また「ジェネレーション」は発生とか生成といった意味で、併せて、ここでは、電気と熱を共に生成するシステムをいいます。

もっと

ジェネレーション・システム(Gジェネ)

温水プールを持っているフィットネスクラブの場合、熱と電気を比較して、必要なエネルギーは熱である。

もっと