東 浩紀 twitter。 観光客の哲学の余白に(23) 無料という病、あるいはシラスと柄谷行人について|東浩紀

東浩紀

けれども負の面もあった。 ついにはまで登場する有様となった。

もっと

東浩紀とは (アズマヒロキとは) [単語記事]

ぼくがいたころは情報社会学者の公文俊平さんが所長を務めていて、全盛期の名残がありました。

もっと

東浩紀

ただし私的所感である。 発売から3週間で1万3千部 と人文書としては異例の売れ行きを見せる。

もっと

東浩紀とは (アズマヒロキとは) [単語記事]

2018年7月4日閲覧。 1999年、第21回(思想・歴史部門)(『存在論的、郵便的』)• 2019の企画アドバイザー就任• 」と発言。 これが、東浩紀の処女小説作品となる。 その後の『化する』、『的の誕生』などの著作も有名。 リベラルな勢力が護憲に固執する硬直的な現状に苛立ち、リベラル側が積極的かつ柔軟に改憲案を出していく必要性を説いている。 前述の通り、東浩紀は、後の博士論文『』において件の柄谷のゲーデル解釈に着想を得て柄谷行人を引用しているが、そのことについては、そもそも1980年代から1990年代の日本の現代思想そのものが柄谷たちの数学的誤りを認め受け入れた上でそれでもなお有効な柄谷たちの思想構造の有用性を肯定し引用することによって成り立っているという歴史的文脈があり、その歴史的延長線上で研究活動をしている東浩紀は、あくまでもその歴史的文脈の中において柄谷行人を引用しているに過ぎない。 アンダーソンは「ネットではサービスを無料にしたほうが結果的に儲かる」という逆説を強調したにすぎないが、それは、遠く近代以前に遡るユートピア思想の伝統を強く刺激する主張でもあった。

もっと